ゲド戦記

ゲド戦記他、外国読み物扱っています。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

レインボーマジック〈4〉みどりの妖精(フェアリー)ファーン (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
「ピクニックには完ぺきな場所ね!」「秘密の庭ね」七人の虹の妖精たちを探すことを約束したレイチェルとカースティ。大きな庭のまん中には、高い石の塔がたっていました。「上までのぼれるかな?」「いってみようよ!」走りだしたさきで、ふたりはどんな魔法に出会えるでしょうか。さあ、みどりの妖精ファーンを探しにいきましょう。

内容(「MARC」データベースより)
虹の妖精たちを探すことを約束したレイチェルとカースティ。たどりついた大きな庭のまん中には、高い石の塔がたっていました。ふたりはどんな魔法に出会えるでしょうか。さあ、みどりの妖精ファーンを探しにいきましょう!

薔薇の花びらの上で―イヴ&ローク〈13〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
深夜のニューヨークで、若い女性が自分の住む高層マンションから落下した。調べによると、死因は違法ドラッグの過剰摂取。つまり、落下前に死亡していたことになる。誰かが彼女を落下させたのだ。彼女の部屋には、キャンドルの灯るテーブルでワインを飲んだ形跡があり、ベッドにはピンクの薔薇の花びらが敷きつめられていた。やがて、似通った事件が発生した。共通点はキャンドル、ワイン、薔薇、そしてドラッグ。しかも、捜査に乗りだしたイヴとロークを嘲笑うかのように、犯人たちはさらなる戦慄のゲームを仕掛けていく。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロブ,J.D.
ロマンス小説の人気作家、ノーラ・ロバーツのもう一つのペンネーム。1950年、メリーランド州シルバースプリング生まれ

小林 浩子
英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

わたしを離さないで (単行本)

出版社 / 著者からの内容紹介
自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。共に青春 の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも彼女が介護した。キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇 妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々 がたどった数奇で皮肉な運命に……。彼女の回想はヘールシャムの驚くべき真実を明かしていく――英米で絶賛の嵐を巻き起こし、代表作『日の名残り』を凌駕する評されたイシグロ文学の最高到達点

内容(「BOOK」データベースより)
自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。共に青春の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも彼女が介護した。キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々がたどった数奇で皮肉な運命に…。彼女の回想はヘールシャムの驚くべき真実を明かしていく―英米で絶賛の嵐を巻き起こし、代表作『日の名残り』に比肩すると評されたイシグロ文学の最高到達点。アレックス賞受賞作。

ティンブクトゥ (単行本)

柴田元幸 on ポール・オースター
ジャックとオースター

ポール・オースターには1990年くらいからだいたい一年に一度のペースで会っていますが、90年代なかばあたりからか、ブルックリンの家に遊びに行くたびに、ドアを開けて迎えてくれるポールのうしろに、やたらと毛のふさふさした、人の(犬の)好さそうな犬が控えているようになりました。

 見かけと真実との錯綜した関係はオースター文学の大きなテーマですが、この犬――ジャックといいます――はまったく単純に見かけどおり、本当に人なつっこい犬です。すごく寂しがり屋で、みんな(ポール、奥さんのシリ、お嬢さんのソフィー、僕と僕の妻)で食事に出かけようということになって、ぞろぞろドアから出ていくと、ウォォォォォォォォォォォォンと鳴くこと鳴くこと、ドアを閉めて道を歩いていてもしばらく聞こえていました。

 そんなわけで、何年か前に「今度は犬が主人公の小説を書いているんだ」と言われたとき、これはきっとジャックと暮らすようになったことの成果だな、と思いました。もちろん、ジャックそのままの性格の犬が出てくるとは思わなかったけど(あんなに素直にいい性格では物語にならないと思う)、『スモーク』や『ルル・オン・ザ・ブリッジ』などの映画作りにかかわったことが、The Book of Illusionsのなかの映画に関する記述に確かな手応えを与えているのと同じような意味で、ジャックと過ごした時間が栄養分になっている小説にちがいないと思ったし、その予想は外れていませんでした。

 だから、日本語訳『ティンブクトゥ』の表紙を考える際も、ジャックに似た犬の写真を使ってもらいました。新潮社装幀室はいつも素晴らしい仕事をしてくれますが、今回の表紙は、そういうわけで、いつにも増して好きです。

 僕は犬を飼ったことがないし、どんな犬であれ、犬の生態についてはほとんど何も知りませんが(道を歩いていて、散歩をしている犬を見るのは大好きですが ――特に、寄りかかれそうなくらい大きなやつ)、『ティンブクトゥ』は、犬を主人公にしてはいても、僕のような犬音痴も疎外しない小説だと思う。このへんもいかにもオースターらしくて、この人はたとえばニューヨークの街を描いても、べつにニューヨークに行ったことがない読み手にもよくわかるような、それでいて単に絵葉書の引き写しではない、街の空気がはっきり伝わってくる描き方ができる人で、今回も同じことが犬について言えるんじゃないかと思います。犬の好きな人にも、べつに好きじゃない人にも、お読みいただければとても嬉しいです。

――柴田元幸 (イラスト:きたむらさとし)

出版社 / 著者からの内容紹介
優しかったウィリーに再会するために、ティンブクトゥへ行こう。出会いの喜び、別れの悲しみ。言葉の分かる犬と放浪癖のある飼い主の可笑しくて感動的な物語。オースターの最高傑作ラブストーリー。

ザ・ポエット〈下〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
謎の殺人犯「詩人」(ザ・ポエット)は、捜査が開始されたことを察知し、大胆にもFBIに挑戦状を送って、次の犯罪を予告する。一方、捜査の内情がロサンジェルス・タイムズに報道されたことから、機密漏洩に神経をとがらせる捜査官たち。FBI内部に内通者がいるのか?捜査に協力するジャックは、真犯人を追い詰めたと確信したのだが…。『ナイト・ホークス』にはじまる「ボッシュ・シリーズ」で、90年代ハードボイルドに新地平を開いたマイクル・コナリーが、人間心理の闇を描ききった超大作。

ちびくろ・さんぼ2 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
ちびくろ・さんぼに、ふたりの弟が生まれました。ちびくろ・さんぼは、弟たちがかわいくてよく面倒を見ていましたが、悪いさるたちがふたりをさらってしまい…。岩波書店版の後半部分を復刊。

アルジャーノンに花束を (新書)

出版社/著者からの内容紹介
IQ68から超天才に変ったチャーリィの運命は? 涙がとまらない感動の傑作SFチャーリィは陽気な32歳。生まれながらの知的障害者だ。パン屋で働き、夜学に通う。そんな彼に「頭をよくしてあげよう」と科学者からの突然の申し出があった。未知の、危険な実験の被験者になるのだ。しかし、チャーリィは喜んで手術のため入院する。同じ実験を、白ネズミのアルジャーノンも受けていた。やがてIQが185にまで高まり、超天才となったチャーリィは自我が強まり、知識欲も旺盛になり、人々を驚かす。だが、驚くべき天才ネズミとなったアルジャーノンは、急速に知能が後退していく。はたして、チャーリィは?―SFの傑作であると共に、読者を深い感動に包み込む不朽の長編小説。
--このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)
32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。そんな彼に、夢のような話が舞いこんだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。この申し出にとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受けることに。やがて手術により、チャーリイは天才に変貌したが…超知能を手に入れた青年の愛と憎しみ、喜びと孤独を通して人間の心の真実に迫り、全世界が涙した現代の聖書(バイブル)。

いにしえの月に祈りを (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
裸で倒れている男を見下ろし、ミーガンは鼓動が速くなるのを感じていた―。男は、彼女が勤める研究所に遺伝子プロファイリングを依頼してきた人物だった。依頼を引き受けようと訪れた彼の家で、銃弾を受けて床に倒れているのを発見したのだ。男に危険なものを感じはしたが、ミーガンは彼が回復するまで看病しようと決意する。それが自分を、想像を絶する恐怖と、世にも不思議な世界へといざなうことになるとも知らず…。

出版社からのコメント
叶わぬ恋のわけは
古代より続く呪われた血筋 連続殺人の恐怖と、熱いロマンスが織りなす
めくるめくパラノーマル・ロマンスの世界! 興奮とミステリとロマンスが約束された秀作!ワシントン・ポスト紙
息もつかせぬロマンティック・サスペンス! ノーラ・ロバーツ 裸で倒れている男を見下ろし、ミーガンは鼓動が速くなるのを感じていた。
男は、彼女が勤める研究所に遺伝子プロファイリングを依頼してきた人物だった。依頼を引き受けようと訪れた彼の家で、銃弾を受けて床に倒れているのを発見したのだ。男に危険なものを感じはしたが、ミーガンは彼が回復するまで看病しようと決意する。
それが自分を、想像を絶する恐怖と、世にも不思議な世界へといざなうことになるとも知らず……。

仕事は楽しいかね? (単行本)

Amazon.co.jp
   出張の帰りに、大雪のため一昼夜空港のロビーに足止めされた「私」。そこで出会ったある老人に、つい仕事で鬱積(うっせき)した感情をぶつけてしまう。老人は実は、企業トップがアドバイスをほしがるほどの高名な実業家。その含蓄ある言葉に「私」はしだいに仕事観を揺さぶられていく。    本書は、将来への希望もなく日々仕事に追われる主人公が、老人のアドバイスに自己変革のアイデアを見いだしていく物語である。それは、唐突に繰り出される老人の言葉とそれを問いただす「私」の会話で展開していく。たとえば老人は「目標を立てるな」という。「私」は、目標がなければ進歩の度合いが測れず、軌道修正もできないと反論する。しかし老人は、斬新なアイデアや商品がなぜ誕生したかを説き明かし、それらが目前の課題に集中した結果であることを指摘。また、世の中は自分が目標を達成するまで待ってはくれないとも言う。そして「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」「明日は今日と違う自分になる、だよ」などのアドバイスをおくる。    試すこと、日々変化が必要であること、偶然を見落としていること…。本書のこうしたメッセージは特別なものではないが、それを痛切に感じさせる語り口が独特である。「多くの人は他人を凌駕する人材になろうとしているけど、それを他人と同じような人間になることで達成しようとしている」などは、自分を振り返らせるのに十分である。    物語仕立てのビジネス啓発書としては「短編」の部類に入る本書。シンプルながら味わいのある1冊である。(棚上 勉)

日経BP企画
仕事は楽しいかね?
熊本のある老舗のラーメン店がテレビで紹介されていた。馴染みのお客さんがインタビューに答えて「はい、昔から味が変わらないのでもう何十年も通っています」。当の主人いわく「毎日、工夫して味を変えてきています。だからお客様は、変わらない味だと言って通ってきていただけるのです」。翻って、先日昔よく通ったラーメン店に行ったら味が変わっておらず懐かしかった。しかし、かつては繁盛していたのに店はガラガラだった。「本当に」味が変わっていなかったのである。 私の座右の銘である「日々新たなり」は「荀日新、日日新、又日新」(大学)から引用したのであるが、ある意味、そこからの発展形として伝承しているユニ・チャームのDNA(遺伝子)の1つに“変化価値論”というのがある。社員一人ひとりの思考や行動が変化した分だけ、企業に付加価値をもたらすという考え方である。それらを実に様々な教訓と実例を交えて理解を深めさせてくれ、動機づけしてくれるのが本書である。 「きみたちの計画は、一見申し分なかったように見える。(中略)だけどきみたちは何も試さなかったし、よりよいものになってもいかなかった。ライバル会社にとっては、止まったまま動かない標的だったんだ。新たにやってこようとする会社ならどこでも、きみたちの店を訪れ、どういう展開をしているかを見て、それにちょっと工夫を加えてよりよいものに改良できる。きみたちは、つぶされるべくしてつぶされたってことだよ」。こう述べられている章の見出しはこの本の要諦でもある。 それは、「きみたちの事業は、試してみた結果、失敗に終わったんじゃない。試すこと自体が欠落してたんだ」――。 事業を起こし、まがりなりにも新規株式公開を果たすと世間は「成功者」と呼んでくれる。しかしながら過ちは人の常、創業経営者が間違いを起こさないと考えることは傲慢の極みである。それでも私を支えた信念は「正しいと思ったことをやらなかったり、正しいと思ったことを言わなかったりしたら、それは企業人以前に人間として価値があることなのか」ということである。 トライ・アンド・エラーではなくトライ・アンド・サクセスをイメージして、試すことが大切である。PDC(Plan、Do、Check)のDoは毎日できないかもしれないが、Tryなら毎日できる。昨年の仕事納めの日に、当社の社長が本書を若手社員に薦めていたのが聞こえたので、私も早速本書を「試して」みたことをつけ加えておこう。 (ユニ・チャーム会長 高原 慶一朗)
(日経ビジネス 2002/02/25 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)

ちびくろ・さんぼ2 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
ちびくろ・さんぼに、ふたりの弟が生まれました。ちびくろ・さんぼは、弟たちがかわいくてよく面倒を見ていましたが、悪いさるたちがふたりをさらってしまい…。岩波書店版の後半部分を復刊。

GOGO!江戸川区!台東紀行東京ぶらぶら千葉の印刷なら千代田印刷美容外科ハロー!江東区!電子たばこ日暮里 鶯谷 上野 ニュース鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」横浜関内リラクゼーションサロンDIO鶯谷・うぐいすだに高収入バイト情報墨田区紀行アキバ中毒のページ台東クラブ幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク

ooo幕張UFOooo ちばパラ!千葉県のイベント情報満載中!!ooo 新型インフルエンザマスクooo リネージュIIクロニクル インタールードooo パソコン作ってみよう-千葉在住はなまる君-ooo 荒川区の情報を調べる会ooo 千葉蛸・たこ焼き大好きooo 墨田区紀行ooo レジャー、アウトドア.コレクションooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo おそれ入谷の鬼子母神ooo 千葉花火大会情報。千葉はナビ!ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo リネージュIIクロニクル4ooo リアクション芸人ooo 山手線エリア~銭湯~ooo 千葉鰻ooo 千葉市のプール一覧ooo スーパーシガレット/SuperCigaretteooo ちば!ちば!ちば!千葉の伝統文化。ooo